TOP > RESULTS(FUKUOKA)

そして迎える合格の瞬間

合格者の声と、合格実績を紹介します。

平成28年度入試の合格実績

国立大学:
京都大学(文)・滋賀大(経)・九州大(文)・防衛大2名・熊本大(医)・兵庫県立大2名・岩手大(理)

私立大学:

同志社(文)・立命館(理)・関大2名・西南学院・成安造形大(特待生)・龍谷2名・近大・京都橘・京都産業大・佛教大3名 ・大阪産業大3名・九州産業大学(経営、芸術)2人、大阪経済法科大・追手門大2名・大阪国際大・帝塚山大(心理・文・経済)・福岡国際医療福祉学院(看護)1人京都建築大学校・大阪医療技師学園

公立高校・高専:
修猷館高校1人、城南高校2人、筑前高校2人、西陵高校3人、講倫館高校3人、福岡工業高校1人、福岡女子高校2人、玄洋高校3人、早良高校1人

私立高校:
大濠(スーパー1名、進学1名)、筑紫女学園1名、中村女子(特進V1名、一般1名)、舞鶴高校(C特進1名、特進 2名、進学4名)、東福岡(特進2名、 進学2名)、精華女子2名、純真1名、博多女子2名、福岡第一2名


P1030155.JPG

九州大学文学部合格  

私は、家から一番近くて通い易そうだという単純な理由でPAL進学教室に入ろうと思いました。自習もできるということで、授業の無い日もほぼ毎日自習に通っていました。自習の時も分からないところがあると丁寧に先生が答えて下さり、とても助かりました。毎日通って苦にならないアットホームな雰囲気も魅力だと思います。

中3生をはじめ他の塾生が頑張っている姿を見て、自分も負けていられないとかサボっている場合じゃないと、良い刺激になっていました。ちょっときつい時も、塾長や先生方が話しかけて下さって、少し救われたと思います。二次試験の1日目で絶望を味わった時も、2日目で巻き返せるよ、と応援して下さって、どうにか2日目を乗り切ることができました。あの日塾に行かなかったらたぶん合格できなかったと思います。いつも励ましてくれる人がいて、毎日自習ができて、本当にPALのおかげで合格をつかみ取ることが出来ました。感謝してもしきれません。
受験勉強はいかに自分自身で受験と戦えるかが勝負の分かれ目だと思います。人を頼りすぎたら負けます。後輩には、もっと自分はできるんだという気持ちで頑張って欲しいです。今まで本当に有り難う御座いました。 

pal_3.jpg

九州大学合格(21世紀プログラム)

私は、高3の夏休みにPALへ入塾しました。
中学生の時からPALの事は知っていましたが、当時は別の塾に通っていました。
当時の私は、第一志望の高校への合格に向けて毎日奮闘していましたが、結果から言うと合格には至りませんでした。
さらに、志望校へ落ちたやるせなさから勉強する気が起こらず、成績もどんどん下がっていきました。
焦って勉強し始めても、サボった分を取り戻すのは非常に難しいことでした。
そんな私でしたが、徐々に入試に近づくにつれて「九大に行きたい!」と思うようになりました。
当初は工学部志望でしたが、3年になる頃には「21世紀プログラム」という文理の垣根を越えた自主的な学習ができる学部を目指したいと考えるようになりました。
しかし、その学部はAO入試しか実施しておらず、倍率も非常に高いことから「ダメもとでAOは受験するが、本番は前期入試だ!」と考え、本格的に勉強するにあたって「勉強に集中できる場所が欲しい!」という理由でPALへの入塾を決断しました。
塾内はいつも明るく面白い先生方ばかりで、私が問題を解く時のクセやミスしやすい個所をすぐ見抜いて指導してくれたり、どうしても解けない問題は流れを追って一緒に解いてくれたり、非常に親しみやすい雰囲気でした。
また、塾長が時折配ってくれる飴や、絶妙な音量で流れているBGMも集中力を保つ良い要因だったと思います。
この塾に出会えたおかげで、いきいきと勉強に取り組んでいた頃の自分を思い出すことが出来ました。
最終的に私は 、AO入試に合格し、春から念願の九州大学に通うこととなりました。
一度は大きな挫折をしたものの、3年かけてやっとリベンジを果たすことが出来ました。転んでしまったら、また立ち上がればいい。
私にとって、PALは再び立ちあがる手助けをしてくれた最高の場所です
「勉強を楽しむ」というのがPALのポリシーなのですが、その意味が分かったような気がします。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

P1020974.JPG

西南学院大学合格(法学部)

僕がPAL(パル)に入ったのは、中学1年生の秋でした。その頃、僕は英語が苦手で数学も余り理解できていませんでした。どこの塾に行こうか迷っていた時、チラシを見た母に勧められて体験授業に行ってみたのがきっかけでした。それから高校三年生までお世話になりました。塾に入ってから英語が分かるようになり、今では得意科目と言えるまでになりました。おかげさまで第1志望の西南学院大学に合格することが出来ました。PALの良いところはやはり個別という点です。学校の授業や学校のような集団で学ぶ塾では、分からない所があってもその場ですぐに質問するのが難しいです。でもPALは個別なので分からないところがあったらすぐにその場で質問でき、分かるまで熱心に詳しく教えてくださいました。それに講師の方が九大生ばかりなのでどの先生に質問してもすぐに教えてくれるし、皆さん優しかったです。中には7年目という先生もいました。ビックリです。PALでは宿題も自分に適した量しか出されないので苦にならなかったです。PALは小さな塾ですが集中して学習できる環境が整っています。室内には、「脳の働きに良い」と言われる専用のBGMが流れています。実際はどうか分かりませんが(笑い)、でも気持ちよく集中できたと思います。又、「甘いものは脳に良いぞ」と言って、時々塾長が配ってくれる飴も勉強で疲れて、集中力が切れかかっている時にとても効果がありました。最後になりましたが、塾長はじめPALの先生方には、6年間という長い間大変お世話になりました。本当に有り難うございました。

過去の合格実績

国立大学:
京都、九州、大阪、広島、長崎、佐賀、京都府立医、九州工、京都教育、滋賀、茨城、大分、和歌山、北九州、福岡教育、下関市立、他
私立大学:
同志社、立命館、関西、西南学院、関西学院、創価、福岡、近畿、甲南、中村学園、龍谷、国際医療福祉、関西外、京都産業、大阪経済、九州産業、同志社女子、大阪薬科、他

公立高校・高専:
修猷館、城南、筑前、西陵、講倫館、福岡工業、玄洋、福岡女子、有明工業高専
私立高校:

西南学院、福大附大濠、筑女、中村学園女子、東福岡、福岡舞鶴、福大附若葉、精華女子高、中村学園三陽、他
中学:
福岡教育大付、西南学院、筑女、上智福岡、中村学園女子、中村学園三陽、他